通信制高校では、高校生の子どもを持つ世帯のうち、世帯収入が910万円以下の家庭の利用できる就学支援金制度を利用できます。年収での支援制限に関する賛否は今も多く、学校で子供の世帯年収がはっきりと見えてしまう可能性などの問題もありますが、現時点で支援金の受け取りができる家庭は世帯年収910万以下というラインがあるということです。


通信制高校では1単位4812円の支給

通信制高校では、生徒によって修得する単位の数が違うことや、単位のお金は履修申し込み時にかかることから、生徒個々の学力でも、大幅に学費は左右されることを視野に入れて、最初から卒業に必要な最低単位数74単位分を上限、1単位につき4812円を支給するという発表をしています。卒業には最低で74単位必要になるので、合計で最大356088円の給付を受けることが可能になっています。


単位の価格で選ぶことも考えよう

教育費の負担を考えるのであれば、単位の申込時にかかる単位の値段が学費に直結する通信制高校では、単位の価格に注目して学校選びを行うことも必要です。私立の場合は6000円前後から1万円と、最大で倍近く変わるケースもあるそうです。サポート校の場合、支援金制度などもないため、サポート校がない通信制高校も考えてみましょう。

pradmin